タウリンを過剰摂取しても副作用はない?

タウリンを過剰摂取しても副作用は

タウリンはアミノ酸の一種で、体内の心臓、脳、肺、筋肉、目の網膜、肝臓などの主要な臓器に含まれています。それは体内で生成されていますが、その量は少ないため、食物などから摂取しています。食物で多く含まれるのは、魚介類、ブリ、カツオ、カキ、ハマグリ、サザエ、アサリやタコ、イカ、などの軟体動物になります。
タウリンはコレステロールの吸収を抑え、心臓や肝臓の機能を高め、視力回復、インスリンの分泌を促進させ、高血圧予防などに効果があると言われています。

 

タウリンを食事から摂取するのは大変です。多くの魚介類などを毎日食べなくてはなりません。しかし、そうするとタウリンは摂取できるのですが、コレステロールの過剰摂取となってしまいます。そうなってくると副作用とも言う胃の潰瘍にも気をつけなくてはなりません。そこでタウリンを摂取するのにすすめられるのは栄養補助食品になります。サプリメントで摂取していく場合に過剰摂取になるのでは、と思われるかも知れませんが、万が一過剰摂取になったとしても、その分は体外に排出されますので副作用などの心配はありません。

 

よく知られているタウリンの効用には肝臓があげられます。肝臓が正常な働きをすると、日頃なんとなく感じていたような体のだるさなどが解消されます。その肝臓で作られている胆汁酸、これはコレステロールを分泌を促進する働きがあります。そこでタウリンをきちんと摂取するとコレステロールの消費を促して血中のコレステロール値を下げるのです。また、お酒の飲みすぎで起きる二日酔い、タウリンはアルコールを分解する時の酵素の助けをして、分解のスピードを上げて、肝臓の負担を軽くしてくれるのです。肝細胞の働きが弱っているときには正常に働きを戻してくれるのです。

 

食生活の乱れなどにより、中性脂肪などがたまり、脂肪肝になることもあります。それは生活習慣病にもつながっていきますので、そうならないためにも、積極的な摂取が副作用もないので、すすめられます。


ホーム RSS購読 サイトマップ