脂肪肝の改善方法:普段の食事を見直して健康的な食生活をする

脂肪肝の改善方法:普段の食事を見直して健康的な食生活をする

肝臓に脂肪が過剰に蓄積する脂肪肝は放置しておくと、肝炎、肝硬変、肝臓がんなどの重大な疾患になるリスクが高まるので、正しい改善方法を実戦して早めに対策しておきましょう。
脂肪肝になるのは脂肪や糖質の摂り過ぎが原因なので、まず毎日の食事を見直して肝臓の脂肪がつきにくい食生活を送ることが脂肪肝の改善方法といえます。

 

脂肪肝は摂り過ぎた糖質や脂質が肝臓で中性脂肪に作り変えられ、それが肝臓に過剰に蓄えられることで生じています。
このため、まずは普段の食事で糖質や脂質の摂り過ぎがないかチェックし、食べ過ぎていたら食べる量を減らすことが脂肪肝改善のための効果的な方法です。
糖質はご飯やパン、麺類などの主食やじゃがいもなどのイモ類などに多く含まれていますが、糖質は人間のエネルギーの素となる重要な栄養素なので、過度な制限はせずに適度な量を摂取することも大切です。
また、肉の脂身や生クリーム、バターなどには脂質の中でも特に中性脂肪の増加につながりやすい飽和脂肪酸が多く含まれているので、これらを食事で食べ過ぎないことも脂肪肝の改善方法として効果的です。

 

一方、肝臓に蓄えた脂肪を燃焼させるには、肝機能を活発にして肝臓の脂肪燃焼を促す栄養素が豊富な食べ物を食事に積極的に取り入れることも、脂肪肝の改善のために有効な方法といえます。
まず、肝機能を高めて肝臓の脂肪を減らすには、肝臓で働く様々な酵素の原料となるたんぱく質が必要なります。
良質なたんぱく質は肉や魚に多く含まれていますが、脂質の摂り過ぎにつながらないようにできるだけ低脂肪で高タンパクの鶏のささみや鶏胸肉、豚や牛のヒレ肉、白身魚などを食べるのがお勧めです。
特に、青魚にはたんぱく質だけでなく、血中の中性脂肪を下げて血流を滑らかにするEPA、DHAも豊富なので、肝臓の脂肪の燃焼促進にも貢献してくれます。
また、緑黄色野菜や海藻類には、血液循環をスムーズにして脂肪燃焼を助けるビタミンやミネラルが豊富で、中性脂肪やコレステロールを減らして肝臓への脂肪の蓄積を抑える水溶性食物繊維も豊富なので、これらの食品を積極的に毎日の食事に取り入れて脂肪肝を改善しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ