脂肪肝の原因を知って対策をたてるならば生活習慣の見直しを

脂肪肝の原因を知って対策をたてるならば生活習慣の見直しを

脂肪肝の主な原因としては、食べ過ぎと飲み過ぎがありますが運動不足や肥満など生活習慣の中にあることも多いです。
また無理なダイエットも脂肪肝になってしまう原因になります。
今までならば飲み過ぎが主な原因と考えられていたこともありますが、現在アルコールを摂取していなくても脂肪肝になってしまう人がいます。対策としては、生活習慣の改善が必要になりますが、症状がどの程度進行しているかによっても変わるのでまずは医師に相談することから始めるとよいです。

 

脂肪肝といっても、いきなり重度のものになるわけではありません。早期に発見できれば対策を立てやすくなります。気づくために必要になるのが疲れやすくなっていないかどうかです。脂肪肝になると血液の循環が悪くなってしまいます。血液の循環が悪いと疲れが取れにくくなったり肩こりといった症状が出てきます。
脂肪肝になっても自覚症状はほとんどないので、ちょっとした体調の変化から確認することも忘れてはいけません。

 

対策としては、糖質を多くとり過ぎないことです。脂質を多くとることも避けなければいけませんが、糖質はより早く中性脂肪になってしまうので必要以上に摂取しないように心がけることです。野菜などカロリーが低く食物繊維が多いものを多くとるとよいです。
脂肪肝はアルコールによるものも多いです。アルコールが原因の場合は、一番いいのは禁酒することです。いきなりお酒をやめられない場合は量を減らすように心がけるとよいです。

 

生活習慣を改善する場合、食事の改善はよく行われますが運動をする習慣を作ることも忘れてはいけません。運動といっても体に疲れを残すような運動をする必要はありません。しっかりと呼吸をして歩くことから始めるとよいです。また一駅分歩くなど出来る範囲で続けられるものを選ぶとよいです。
脂肪肝だと診断されても生活習慣を見直しすることで悪化を防ぐことができますし、少しずつ治すことができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ